Blog

情報が多いんじゃない?

2018年2月10日

スマホが普及するようになって映像や記事、アプリが簡単に手に入るようになったので、英語にも様々な学習方法がでてきますよね。

実は私もここ最近、英会話のYouTubeをチェックしたり、英会話に関する記事を読んで時間を潰していました。

正直に感じたことは情報が多すぎるなって思いました。悪い意味ではないですが、選択肢が多い分これでは見ている人も何がよくて何がよくないのか分からず混乱してしまうなって。

あるYouTuber は「英会話がうまくなるようになるためにすべき3つのこと」とか、あるブログ記事は「旅行に行く時に知っておくべき10の表現」と題して紹介していました。

たくさんの情報を取り入れて自分が選別してうまく学べられればいいですが、なんせそれ以上に英会話は学び方の情報が多すぎてどれを信じていいのか分からないという人が多いというのも納得がいきます。

 

私も英会話講師を10年やってきて大事なノウハウ、伝えたいノウハウは山ほどあります。

それを伝えるのも実践するのも私の仕事だと思っていますが、学ぶ人によって好きな学び方やアプローチの仕方、個人の目標さえ違うので、「これをした方がいい」とか「これをしなさい」と一方的に言うのは正しくないとも感じました。

英語を話せるようになるメカニズムは1つなはずです。でも前述のように英語の学び方は数えられないくらいあります。

これはなぜかというと単に人によってやり方が違うからだと思います。でも自分にあったやり方は少なからずあるはずです。

それを信じてやってみることも重要だと思いました。かたい!?